代位弁済と収納代行の区別

メンズ

収納代行を依頼するか

家賃債務保証を業者に依頼するときにまず考えておきたいポイントとして収納代行の必要性があります。家賃債務保証では基本的には家賃や関連する費用に関して代位弁済を行ってくれる仕組みになっています。契約を締結することによって、入居者が家賃を払わなかったときに代わりに家賃を払ってくれるというものです。結果的に入居者は業者に対して債務を負う状況になるため、業者が相当額の請求を入居者に対して行っていくことになります。これが基本的な仕組みですが、これと合わせて収納代行を行っている業者も多いのでよく考える必要があるのです。収納代行は家賃の徴収と管理を代行してもらうものであり、家賃債務保証を依頼したときに収納代行が含まれているとお金の流れに違いが生まれます。入居者は業者に対して家賃を納入し、集金を行った業者からまとめて家賃を受け取ることになるのです。管理を任せられるという点で優れている面もある一方で、大金を一時的にであっても業者に預けることになる不安もあるでしょう。一長一短なので経営をする上でどちらの方が便利かと考えて選ぶことが大切です。なお、代位弁済のみの場合には家賃の納入がなかったときには代位弁済請求を行わなければ家賃債務保証を受けることはできません。収納代行も依頼した場合には個々に異なり、家賃を業者から受け取ったときに確認して自分から請求を行わなければならないこともあれば、業者の方から申し出を受けられることもあります。その点も確認しておくのが家賃債務保証を利用する上で大切です。