今取るべき選択肢です

背広の人

景気は回復しています

不動産市況の好転もあって、マンション経営をする人が増えてきました。マンション経営という言葉を聞くと、収入を増やすために行うもの、とイメージする人が非常に多いです。確かに家賃収入を継続的に得られるので、このイメージが間違っているわけではありません。しかし、マンション経営の特徴はこれだけではないのです。時期によってはもっと大きなメリットがあります。それはマンション経営をすることでインフレーションに対応することができるという点です。インフレーションとは物価の価格が上昇することによって通貨の価値が相対的に下がる現象をいいます。そのため、通貨に近いもので運用をしている場合には、その価値は相対的に下がっていることになります。通貨に近い金融商品として挙げられるものが国債や銀行預金などです。インフレーションになることで、これらの額面金額が減るわけではありません。ただ、その額面金額で購入できるものが少なくなるということです。一方で、価格そのものが変動するような金融商品はインフレーションに強いです。その代表的な運用商品が不動産なのです。景気が回復しつつある現在において、インフレーションの兆しも出始めています。今まで定期預金や国債で運用してきたのであれば、不動産にシフトするというのも選択肢に入れておく必要があります。そして、すでに、このような備えをしている人たちが増えているからこそ、マンション経営が注目されているのです。